テーマ:暗唱聖句

完全暗唱聖句 「躓くことなからん」 ペテロ 後 1 : 10

この故に兄弟よ、ますます励みて 汝らの召されたること、選ばれたることを堅うせよ。 若し此等のことを行はば躓くことなからん。 ペテロ 後 1:10~15 つまづくことなどない ヨハネ15:16、8 弟子となること 父の栄光 選ばれたこと、召されたことを熱心に行う 確信を持つ つまづく = スカンダロン(ギリシャ語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全暗唱聖句 「 This is Love 」 ヨハネ 第一の書 4 : 7 ~ 16

  愛する者よ、われら互に相愛すべし。愛は神より出づ、 おほよそ愛ある者は、神より生れ神を知るなり。。 愛なき者は、神を知らず、神は愛なればなり。。 神の愛われらに顯れたり。神はその生み給へる獨子を世に遣し、 我等をして彼によりて生命を得しめ給ふに因る。。 愛といふは、我ら神を愛せしにあらず、神われらを愛し、 その子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全暗唱聖句 「聖餐式」 コリント前11:23~32

わが汝らに傳へしことは主より授けられたるなり。即ち主イエス付され給ふ夜、パンを取り、 祝して之を擘き、而して言ひ給ふ『これは汝等のための我が體なり。我が記念として之を行へ』 夕餐ののち酒杯をも前の如くして言ひたまふ『この酒杯は我が血によれる新しき契約なり。飮むごとに我が記念として之をおこなへ』 汝等このパンを食し、この酒杯を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全暗唱聖句 「みつばさのかげ-2」 詩篇36:7~10

神よなんぢの仁慈はたふときかな 人の子はなんぢの翼の蔭にさけどころを得 なんぢの屋のゆたかなるによりてことごとく飽ことをえん なんぢはその歓樂のかはの水をかれらに飮しめたまはん そはいのちの泉はなんぢに在り われらはなんぢの光によりて光をみん ねがはくはなんぢを知るものにたえず憐憫をほどこし 心なほき者にたえず正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全暗唱聖句 「みつばさのかげ」 詩篇63:1~

詩篇  63 : 1 ~ 11  みつばさのかげ ああ神よなんぢはわが神なり われ切になんぢをたづねもとむ 水なき燥きおとろへたる地にあるごとく わが霊魂はかわきて汝をのぞみ わが肉體はなんぢを戀ひしたふ 曩にも我かくのごとく大權と榮光とをみんことをねがひ聖所にありて 目をなんぢより離れしめざりき なんぢの仁慈はいのち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全暗唱聖句 「バプテスマのヨハネ」 ルカ伝3:4~18

ルカ伝福音書  3 : 4 ~ 18  バプテスマのヨハネ 預言者イザヤの言の書に『荒野に呼はる者の聲す。「主の道を備へ、その路すじを直くせよ。 諸の谷は埋められ、諸の山と岡とは平げられ、曲りたるは直く、嶮しきは坦かなる路となり、 人みな神の救を見ん」』と録されたるが如し。 さてヨハネ、バプテスマを受けんとて出できたる群衆に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全暗唱聖句 「主にありて喜べ」 ピリピ4:4~7

            ピリピ 4:4~7  主にありて喜べ 汝ら常に主にありて喜べ、我また言ふ、なんぢら喜べ。 凡ての人に汝らの寛容を知らしめよ、主は近し。 何事をも思ひ煩ふな、ただ事ごとに祈をなし、願をなし、感謝して汝らの求を神に告げよ。 さらば凡て人の思にすぐる神の平安は、汝らの心と思とをキリスト・イエスによりて守らん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全暗唱聖句 「神の武具」 エペソ6:10~

完全暗唱聖句 なるものを始めました なるべく長文で一生忘れない聖句を暗唱できるようにするのです 自分の救いの証しに用いるロマ5:8はその一つでしたが 約3ヶ月を期間に覚えていきます 昨年末をもってこの聖句の暗唱を完了しました エペソ 6:10~18   神の武具 汝ら主にありて其の大能の勢威に頼りて強かれ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more