テーマ:聖書

完全暗唱聖句 「聖餐式」 コリント前11:23~32

わが汝らに傳へしことは主より授けられたるなり。即ち主イエス付され給ふ夜、パンを取り、 祝して之を擘き、而して言ひ給ふ『これは汝等のための我が體なり。我が記念として之を行へ』 夕餐ののち酒杯をも前の如くして言ひたまふ『この酒杯は我が血によれる新しき契約なり。飮むごとに我が記念として之をおこなへ』 汝等このパンを食し、この酒杯を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全暗唱聖句 「みつばさのかげ-2」 詩篇36:7~10

神よなんぢの仁慈はたふときかな 人の子はなんぢの翼の蔭にさけどころを得 なんぢの屋のゆたかなるによりてことごとく飽ことをえん なんぢはその歓樂のかはの水をかれらに飮しめたまはん そはいのちの泉はなんぢに在り われらはなんぢの光によりて光をみん ねがはくはなんぢを知るものにたえず憐憫をほどこし 心なほき者にたえず正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みつばさのかげ マーク

伝道プロジェクト「みつばさのかげ」のマークを自分で作ってみした みつばさのかげの聖句がある 詩篇36:7 63:7 がわかるように 3・6・7の数字を用いて (わかるかな?!) 翼の形に仕上げてみました ただこのマークはただのマークで目安になるものです これを崇めるものではありません 神様の大いなる力と働きが この伝道を通して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キリストの愛われらに迫れリ

キリストの愛われらに迫れリ      ( コリント 後 5 : 14 ) 私を引き締めるもの 私に対するキリストの愛です これによってすべてが制御されるように 日々キリストの愛を感じて生きよう 不安なとき、迷うとき、決断のとき、自分の力ではどうにもならないとき 主に祈るのです 賛美と悔い改めと感謝をもって、すべて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福音を伝えること

先月、同級生が二人亡くなりました そのうち一人は最近会ってなかったけど仲良くしてたので、聞いたときにはそうとうなショックでした このようなことがあるんだね、、と友達同士で話しました 二人には福音が伝えられてなかった 自分は何をやってるんだろうと、心が痛くなりました 神様にたずねました、「どうしてこういうことになるの」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全暗唱聖句 「みつばさのかげ」 詩篇63:1~

詩篇  63 : 1 ~ 11  みつばさのかげ ああ神よなんぢはわが神なり われ切になんぢをたづねもとむ 水なき燥きおとろへたる地にあるごとく わが霊魂はかわきて汝をのぞみ わが肉體はなんぢを戀ひしたふ 曩にも我かくのごとく大權と榮光とをみんことをねがひ聖所にありて 目をなんぢより離れしめざりき なんぢの仁慈はいのち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神かならず汝らをかえりみ

ヨセフその兄弟等にいひけるは我死ん神かならず汝等を眷顧みなんぢらを此地よりいだして そのアブラハム、イサク、ヤコブに誓ひし地にいたらしめたまはんと ヨセフ神かならず汝等をかへりみたまはん汝らわが骨をここよりたづさへのぼるべしといひて イスラエルの子孫を誓はしむ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全暗唱聖句 「バプテスマのヨハネ」 ルカ伝3:4~18

ルカ伝福音書  3 : 4 ~ 18  バプテスマのヨハネ 預言者イザヤの言の書に『荒野に呼はる者の聲す。「主の道を備へ、その路すじを直くせよ。 諸の谷は埋められ、諸の山と岡とは平げられ、曲りたるは直く、嶮しきは坦かなる路となり、 人みな神の救を見ん」』と録されたるが如し。 さてヨハネ、バプテスマを受けんとて出できたる群衆に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すべては神の栄光のために

さらば食ふにも飮むにも何事をなすにも、凡て神の榮光を顯すやうにせよ。 ( コリント 前 10 : 31 ) クリスチャンとしての生活において仕事や人間関係に悩むとき 「何をするにも、神の栄光のためにする」 これがすべての解決にならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みつばさのかげ

「みつばさのかげ」 というグループを発足します イエス・キリストを救い主と信じておられる人 または、求道中の人 聖書の話やイエス・キリストについて興味があり 聖書を読んでみたい、イエス・キリストを知りたいという人 聖書を共に学び みことばをもって話し合ったり、相談しあえる 「みことばのわかちあい」を通しての仲間を募集し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

救いへと導こう

弱き者には弱き者となれり、これ弱き者を得んためなり。 我すべての人には凡ての人の状に從へり、 これ如何にもして幾許かの人を救はんためなり。 ( コリント 前 9 : 22 ) 神の国に入るべき者は”すべて”の人 神の大いなる導きに応える人を探そう その人に合わせた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

罪なきお方が

神は罪を知り給はざりし者を我らの代に罪となし給へり、 これ我らが彼に在りて神の義となるを得んためなり。       (  コリント 後 5 : 21 ) 世の中には大変な恐怖にある傷ましい事件が多く起こります 人間的にどうしても許すことのできない凶悪な犯罪者 とうてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての朝の礼拝メッセージ

2018年4月29日 日曜の朝の教会 初めて朝の礼拝の講壇に立たせていただきました。 極度の緊張の中、「主は近し」というタイトルをもってメッセージをさせていただきたました。 主にあっての喜び、をビリピ書より、みなさんとともにみことばを分かち合うことができました。 ちょうど暗唱し学んできた聖句ピリピ書4:4~7 をこの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

呟かず疑わず

されば我が愛する者よ、なんぢら常に服ひしごとく、 我が居る時のみならず、我が居らぬ今もますます服ひ、 畏れ戰きて己が救を全うせよ。神は御意を成さんために汝らの衷にはたらき、 汝等をして志望をたて、業を行はしめ給へばなり。 なんぢら呟かず疑はずして、凡ての事をおこなへ。         …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全暗唱聖句 「主にありて喜べ」 ピリピ4:4~7

            ピリピ 4:4~7  主にありて喜べ 汝ら常に主にありて喜べ、我また言ふ、なんぢら喜べ。 凡ての人に汝らの寛容を知らしめよ、主は近し。 何事をも思ひ煩ふな、ただ事ごとに祈をなし、願をなし、感謝して汝らの求を神に告げよ。 さらば凡て人の思にすぐる神の平安は、汝らの心と思とをキリスト・イエスによりて守らん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神は要害

ヱホバは善なる者にして患難の時の要害なり 彼は己に倚頼む者を善知たまふ             ( ナホム 1 : 7 ) 神の光を受けて光るものは、罪、汚れが邪魔をする暗きうちにいてはいけない この邪魔者から遠ざかるように 神からの善き賜物、全き賜物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主を誇る

ヱホバかくいひたまふ 智慧ある者はその智慧に誇る勿れ 力ある者は其力に誇るなかれ 富者はその富に誇ること勿れ 誇る者はこれをもて誇るべし 即ち明哲して我を識る事と わがヱホバにして地に仁惠と公道と公義とを行ふ者なるを知る事是なり 我これらを悦ぶなりとヱホバいひたまふ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ああ信仰うすき者よ

イエス直ちに彼らに語りて言ひたまふ『心安かれ、我なり、懼るな』 ペテロ答へて言ふ『主よ、もし汝ならば我に命じ、水を蹈みて御許に到らしめ給へ』 『來れ』と言ひ給へば、ペテロ舟より下り、水の上を歩みてイエスの許に往く。 然るに風を見て懼れ、沈みかかりければ、叫びて言ふ『主よ、我を救ひたまへ』 イエス直ちに御手を伸べ、これを捉へて言ひ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神に智恵を求めよ

汝らの中もし智慧の缺くる者あらば、咎むることなくまた惜む事なく、 凡ての人に與ふる神に求むべし、さらば與へられん。              ( ヤコブ 1 : 5 ) ギベオンにてヱホバ夜の夢にソロモンに顯れたまへり神いひたまひけるは 我何を汝に與ふべきか汝求めよ   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全暗唱聖句 「神の武具」 エペソ6:10~

完全暗唱聖句 なるものを始めました なるべく長文で一生忘れない聖句を暗唱できるようにするのです 自分の救いの証しに用いるロマ5:8はその一つでしたが 約3ヶ月を期間に覚えていきます 昨年末をもってこの聖句の暗唱を完了しました エペソ 6:10~18   神の武具 汝ら主にありて其の大能の勢威に頼りて強かれ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

試練のとき、神が何かをされている

この故に汝ら今しばしの程さまざまの試煉によりて憂へざるを得ずとも、なほ大に喜べり。 汝らの信仰の驗は、壞つる金の火にためさるるよりも貴くして、 イエス・キリストの現れ給ふとき譽と光榮と尊貴とを得べきなり。            ( ペテロ 前 1 : 6 ・ 7 ) 人が生きる道…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

我が家でクリスマス会(クリスマスハウス)

9日(土)に我が家でクリスマス会を開きました 午後の時間にそれぞれが集まれる時間に集合し 軽い食事とDVD鑑賞、ディスカッションなどをもって交わりました あるビジョンをもって始めてみました まずは初めてなのでクリスチャンの友人を招きましたが いずれは信者、不信者関係なく集まれる会にしたいのです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

誕生月のみことば、世に勝てり

汝ら我に在りて平安を得んが爲なり。なんぢら世にありては患難あり、 されど雄々しかれ。我すでに世に勝てり     ( ヨハネ伝 16 : 33 ) 今月の誕生日を迎える方にいただいたみことば 主にあって、平安も困難も恵みであります 世に勝っているのだから
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汝ら上にあるものを念ひ、地に在るものを念ふな

汝等もしキリストと共に甦へらせられしならば、上にあるものを求めよ、 キリスト彼處に在りて神の右に坐し給ふなり。 汝ら上にあるものを念ひ、地に在るものを念ふな、 汝らは死にたる者にして、其の生命はキリストとともに神の中に隱れ在ればなり。 我らの生命なるキリストの現れ給ふとき、汝らも之とともに榮光のうちに現れん。 されば地にある肢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いかなるときも

常にイエスの死を我らの身に負ふ。これイエスの生命の我らの身にあらはれん爲なり。 それ我ら生ける者の常にイエスのため死に付さるるは、イエスの生命の我らの死ぬべき肉體にあらはれん爲なり。 さらば死は我等のうちに働き、生命は汝等のうちに働くなり。 ( コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まず、この理解をもって

凡ての人、罪を犯したれば神の榮光を受くるに足らず、(ロマ3:23) 人間、自分を見つめ直すとき 罪の自覚を意識する上で 神の存在を思うでしょうか 真実の神以外に私を救うことはできない このみことばは、救いの一歩かも
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祈りのリスト

教会の青年会で祈りのリストを作ろうとしています メンバーそれぞれの祈りの課題をまとめます それぞれいろんな課題がありますが 共に分かち合い、祈ることで、主のみこころがなされることを信じます この故に人々よ、心安かれ、我はその我に語り給ひしごとく必ず成るべしと神を信ず。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我らは主のもの

我等のうち己のために生ける者なく、己のために死ぬる者なし。 われら生くるも主のために生き、死ぬるも主のために死ぬ。然れば生くるも死ぬるも我らは主の有なり。 それキリストの死にて復生き給ひしは、死にたる者と生ける者との主とならん爲なり。        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神の前に特別

6月25日、佐久バプテスト教会にて ロバーツ先生のメッセージを聞きました ちょうど次回イベントで話す箇所だったので 主の祝福と導きに喜びながら受けることができました この世の景色は神の国とは違う 私たちは神の前に特別なもの また聖霊はすべてのクリスチャンに働き 人々の救いのために働かれる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛の源

愛には懼なし、全き愛は懼を除く、懼には苦難あればなり。 懼るる者は、愛いまだ全からず。 我らの愛するは、神まづ我らを愛し給ふによる。 ( ヨハネ Ⅰ 4 : 18 ・ 19 ) 愛を怖れることは、完全でないから 神の愛に気づくべきこと 「全き愛」は私たちから出た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more