初めての朝の礼拝メッセージ

画像


2018年4月29日
日曜の朝の教会
初めて朝の礼拝の講壇に立たせていただきました。
極度の緊張の中、「主は近し」というタイトルをもってメッセージをさせていただきたました。
主にあっての喜び、をビリピ書より、みなさんとともにみことばを分かち合うことができました。
ちょうど暗唱し学んできた聖句ピリピ書4:4~7
をこの日に合わせて備えてくださった神に感謝

このような者がメッセージをできるものではありませんでしたが
みなさんには喜びの反応をいただきました

主のみこころが語られたことを望みます

この歴史ある教会の1日の礼拝において
お話させていただける祝福はとても大きいものです

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sun
2018年05月13日 19:24
聖日礼拝のメッセージ、お疲れ様でした。メッセージを取り次ぐご奉仕は、準備も含め本当に大変だったことでしょう。

先週のこちらのメッセージは、「足し算人生、引き算人生」喜んでご奉仕や捧げものを、捧げれば捧げるほど、神様の愛に満たされるという話がありましたが、メッセージの取り次ぎは、神様が一番喜ばれるご奉仕でしょうね。引き続き神様が豊かに用いられることをお祈りいたします。
ちおながすくじら
2018年05月17日 17:15
>sunさん
確かに大変なことでした、
自分がメッセージだなんて、とても恐れ多いことでしたので
しかし、主はそのために前もって備えてくださることを確信しました

メッセージだけでなく教会での務めは多々あります
すべて喜んで奉仕してくださる方々には、主の祝福は多いでしょう
自分のできる奉仕をすることが神の喜んでくださること
主の目にはすべてが平等に見てくださいます