2017年、春のカンファレンス

画像


春のカンファレンス

テーバー先生をお迎えして
祝福のうちに行われました

良き知らせ、福音を伝える大切さと難しさ
先生のご経験と主の導きによる
証しと強い信仰の賜物をもってお話しくださいました

印象深かったのは
間違った動機での伝道をしてはいけないということ
罪悪感やプライド、傲慢などからくるもの
これを用いてはいけない

或者は嫉妬と分爭とによりてキリストを宣傳へ、あるものは善き心によりて之を宣傳ふ。
これは福音を辯明するために我が立てられたることを知り、愛によりてキリストを宣べ、
かれは我が縲絏に患難を加へんと思ひ、誠意によらず、徒黨によりて之を宣ぶ。
さらば如何、外貌にもあれ、眞にもあれ、孰も宣ぶる所はキリストなれば、我これを喜ぶ、また之を喜ばん。
そは此のことの汝らの祈とイエス・キリストの御靈の賜物とによりて、我が救となるべきを知ればなり。
これは我が何事をも恥ぢずして、今も常のごとく聊かも臆することなく、生くるにも、死ぬるにも、我が身によりてキリストの崇められ給はんことを切に願ひ、また望むところに適へるなり。
我にとりて、生くるはキリストなり、死ぬるもまた益なり。
              ( ピリピ 1 : 15 ~ 21 )


福音は永遠のものであって
使ってなくなるものではない
人間的に限界を感じるかもしれないが
すべては神の栄光のためであること

正しい動機で福音を伝えることは
結果がその時に出なくても
その伝道自体に神の栄光が現れる

私たちが福音を精力的に述べ伝えることを
神は望み、待っておられる

画像


いつも優しく接してくださる先生
この小さな教会にも何度も来てくださります
先生の働きのためにも
たくさん祈ります
ありがとうございました

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント