永久保存版 私の救いの証し

 一部の方のリクエストにお応えして証しをさせていただきます。
ブログ開設以来、自分の証しを載せてなかったので、
せっかくなのでブログを生かした証しを書こうと思います。

 1975年12月25日クリスマスの朝に私は生まれました。
クリスチャンの家庭ではなかったのですが名前に「聖」の字も付けられました。
そのおかげでクリスマスとは?イエス・キリストってだれ?
聖書ってどんなこと書かれてるの?と興味を持つようになり
変な言い方をすると誕生日がクリスマスなだけに一生とりつくことだと思い
早くからイエス様を知るきっかけとなりました。
しかしながら、自分の住む地域にはキリスト教会はなく
怖い宗教が多くある中、なかなか神様を知る手段を分からないままでいました。
ある時ラジオで「聖書の話」という番組があることに気づき聴いてみた
・・・・さっぱりわからん
そこで番組に手紙を送り「ヨハネの福音書」の小冊子を送ってもらった
これだ
画像


開いて読んでみました
・・・やっぱりわからん・・・
その本は文語訳で書いてあり、ますます理解できなかった

すると最後のページに発行元の教会
「美濃ミッション」と書いてあり、場所も四日市で
おぉ!近くに教会ありますやん!
画像


ということで、そこに手紙を送りいろいろと読み物を送ってもらって読みました。
そして、思い切って「美濃ミッション」をたづねてみることにしました。
それは1998年2月(長野オリンピックやってた頃)
そのとき僕は22歳で日曜日は特にすることもなくボォ~っとしてたので
日曜日の朝の集会にひとりで行きました。
もうムキガドネドネ(胸がドキドキ)しながら行きました。

それから教会に通いつめて
今までチンプンカンプンだった聖書を少しづつ理解して読むようになっていき
まず、自分には罪があること、自分がどうして生かされているのか
なぜ罪ある自分が今、しあわせに過ごしていられるのか
いろいろ考えることができた
そして、その罪の”赦し”というものがあると・・・
それはイエス様の十字架の死であったのだと聞かされ
イエス様を唯一の救いの神と信じました。

されど我らがなほ罪人たりし時、キリスト我等のために死に給ひしに由りて、
神は我らに対する愛をあらはし給へり
              ( ロマ書 5 : 8 )


2000年5月にバプテスマを受けて
その後もすべてが神様の恵みとして生活しています。

ちなみに僕の証しは「聖書の光 90号」に記載しております。
画像


来年で「美濃ミッション」に通いだして10周年になりますなぁ~
プチお祝いしよ~っと

今でも美濃ミッションでお世話になってます
こんな私に会いたい方はどうぞいらしてください。

美濃ミッション富田浜聖書教会
http://www.cty-net.ne.jp/~mmi/






この記事へのコメント

ツヤ
2007年10月20日 04:41
小冊子、凄いね...☆
歴史博物館にありそうだよ....^^

やっぱ、『救いの証し』って感動だね♪
神様の不思議な働きを目にする*^^*主は生きておられる♪
毎年、本気でメリークリスマス☆だよね♪
名前を付けて下さったご両親にも感謝だ!
まさかクリスチャンになるとは思わなかったんだろうね~。

来年は10周年だそうで、区切りの年やね~!!!来年の抱負は?
信仰の先輩、私は2010年の10月が10周年だよ...何しよっ◎
ちおながすくじら
2007年10月20日 23:15
>ツヤさん
イエス様を信じて以来、誕生日の主役は自分ではなくなりました。
毎年クリスマスは企画で忙しくて知らないうちに過ぎてます。

10周年には何かしたいですね
結局またおいしいもの食べて終わりやろうけど( ´∀`)